浅く広~く興味があること、日々の出来事、デジカメで撮った画像などなど、お気楽に書き込みしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軌保博光改めてんつくマン

お盆に、帰郷していた彼氏とラーメンを食べに
熊本市街に出かけた時のことです。
せかっく来たのだからと、パルコに寄りました。
すると、入り口前に人だかりができていました。
画像 316
「この人誰だろう?」と思いつつも、
とりあえずケータイで撮ってみました。
画像 318
書籍も販売されていたので、見てみました。
「この本どこかで見たぞ。それも最近・・・」
画像 338
8月初旬、数年ぶりに熊本に来た
従兄妹からもらった本でした。
ということは、この人が著者なんだ。
スゴイ偶然だ~。
偶然といえば、このこと以外にもあるんです。
数年前から、彼氏は仕事で名古屋に住んでます。
なんと、この本をくれた従兄妹も仕事で
数ヶ月前から名古屋に住んでます。
それも同じ市に。ビックリです。

ここまで書いて、気付いたことが・・・。
タイトルと内容につながりがない。
もらった本にやっと目を通したから
よしとするか~。
スポンサーサイト

続 蜂退治

蜂の巣駆除作戦が終了して2日後。
ふと、室内から天窓を見上げると、
窓枠に新たな蜂の巣を発見。
画像 337
再び、蜂の巣駆除作戦スタート。
屋根と窓枠の隅に巣が形成されていて、接合部分が見えづらかった。
画像 336
今回駆除した蜂の巣は、
「今日、巣立ちます」というような、若い蜂が多かった。
画像 283
青春の旅立ちを邪魔してゴメンね。
その後、他に蜂の巣がないか見てまわったが、ないようだ。

最近、蜂が飛び交うのをよく見かけませんか?
もしかして、巣があるのかもしれませんよ・・・。

蜂退治

職場で蜂をよく目にしていた。
蜂を観察していて気付いた。
雨どいを行きかう蜂が数匹。
もしかして、そこに蜂の巣があるのかな?

脚立に登って雨どいを覗くと、15センチほどの蜂の巣があった。
幼虫も蜂も沢山いる。
「ヤバイ」

蚊取り線香、フマキラー、ハエたたき、剪定ばさみを手に
蜂の巣駆除作戦スタート。
まず、蚊取り線香を巣の近くに置き、
巣に向かってフマキラーを噴射。
(この光景を見ていた同僚曰く、「蜂の大群が、一斉に飛び出したよ。」)
フマキラー攻撃を30秒ほど続け、
剪定ばさみで、雨どいから蜂の巣を取り除く。
接合部分が以外に硬く、時間がかかった。

次は雨どいと現場付近に転がっている蜂と幼虫を捕獲。
画像 277
それでは、今回の成果をご覧頂きましょう
画像 282
画像 281
これで、一安心。



大相撲宇土場所

大相撲の冬巡業が12月に開催される。
20080823071109.jpg
ポスターを見て、職場の人に話したら、
8月22日(金)の朝9時からチケット販売開始で、
電話かファックス、インターネットでチケットが買えるらしいとのこと。

昨日は休みだったし、日頃まったくしない親孝行のつもりで
パパさんと一緒に行こうと思った。
朝8時半に問合せ先に電話してみたけど、時間外で繋がらない。
そこでサイトを見たけど、やはり販売前なのでチケット予約もできない。
20分前からパソコンの前に座って、9時になるのを待った。
『もしかして、9時前からチケット予約できるかも』と考え、
8時59分きっかりに『チケット予約』をクリックしてみた。

申し込み画面になった。

必要事項を書き込み、タマリ席を選択。
しかし、希望枚数を選択する箇所がない・・・。
仕方がないので、同じ作業を2度行った。
これで、本当にチケットが手に入るのかな?
なんか不安。
そこで、開催場所の体育館に行った。
すると、窓口に並ぶ人の列があった。
20人くらいしか居ないので、5分もあれば済むだろうという読みは外れた。
どの席を選ぶか迷って、人がなかなか前に進めないのだ。

あと5人くらいになった時、座席表がちらっと見えた。
ピンクに塗られたところが完売済みの席だろう。
自分の番がきた。
希望の正面側タマリ席に空席はなく、
向こう正面側タマリ席と東西のタマリ席しか空いてなかった。
その上、2席続いて空席がなく、ちょっと離れた2席を買った。
20080822170021.jpg
ここでサインペンで塗られていない、
濃いピンクで印刷されている座席のところが気になった。
怖いもの知らずの私は、窓口の女性に尋ねた。

「議員さんにチケット購入の割り当てがあるんですよ。ここはその席なんです。」

まぁ~、一列目とかじゃないからいいか。

『パンダ』パン

画像 315
「カワイイ~」
「食べちゃいた~い」
と言いながら、食べちゃった職場の人。
  次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。